English

東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 磯貝・江前・齋藤・竹内研究室

メンバー

過去のメンバー

江前 敏晴教授2012年まで磯貝研で准教授

略歴
1984 東京大学を卒業
1986 修士課程修了
1993 博士号取得
1987 助手
1993 - 1995 博士研究員として米国メイン大学化学工学科”紙の表面科学プログラム”のDr. Pierre LePoutre の元で”Paper-Water interaction”の研究に従事
2004 - 2012 助教授(2007 -:身分名称の変更により 准教授)
2012 - 教授(筑波大学 生命環境科学研究科 国際地縁技術開発科学専攻 生物材料工学分野)
博士論文 原紙の塗工適性及塗工紙の紙層構造評価に関する研究 (1993)
趣味
スキー、スノーボード、水泳、テニス、映画鑑賞、ウェイトトレーニング
研究業績
http://www.enomae.com/publish.htm
ホームページ
enomae.com     ・研究者情報

古賀 大尚学振特別研究員

略歴
平成17年3月 九州大学農学部生物資源環境学科卒業
平成19年3月 九州大学大学院生物資源環境科学府森林資源科学専攻修士課程修了
平成19年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1)(九州大学大学院生物資源環境科学府)
平成21年9月 九州大学大学院生物資源環境科学府森林資源科学専攻博士後期課程修了(学位早期取得)
平成21年10月 日本学術振興会特別研究員(PD)(九州大学大学院生物資源環境科学府)
平成22年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)(東京大学大学院農学生命科学研究科)
平成24年4月 特任助教(大阪大学 産業科学研究所 特別プロジェクト研究部門 セルロースナノファイバー材料研究分野)
自己紹介
趣味は研究です!
研究テーマ
セルロース系有機/無機ハイブリッドの開発と触媒・エレクトロニクス応用
Development of cellulose-based organic/inorganic hybrid for catalytic and electronic applications
論文

Koga H., Azetsu A., Tokunaga E., Saito T., Isogai A., Kitaoka T. "Topological loading of Cu(I) catalysts onto crystalline cellulose nanofibrils for the Huisgen click reaction" Journal of Materials Chemistry, in press, DOI:10.1039/c2jm15661j

Azetsu A., Koga H., Isogai A., Kitaoka T. "Synthesis and catalytic features of hybrid metal nanoparticles supported on cellulose nanofibers" Catalysts, 1(1), 83-96 (2011) DOI: 10.3390/catal1010083

Koga H., Kitaoka T., Isogai A. “In situ modification of cellulose paper with amino groups for catalytic applications” Journal of Materials Chemistry, 21(25), 9356-9361 (2011). DOI: 10.1039/c1jm10543d

Koga H., Tokunaga E., Hidaka M., Umemura Y., Saito T., Isogai A., Kitaoka T. “Topochemical synthesis and catalysis of metal nanoparticles exposed on crystalline cellulose nanofibers” Chemical Communications, 46(45), 8567-8569 (2010). DOI: 10.1039/c0cc02754e
その他の論文はこちら
受賞
平成19年6月 繊維学会年次大会 「ポスター賞(交流スペース賞)」
平成19年10月 Excellent Poster Presentation Award of International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems
平成20年4月 平成19年度九州大学学生後援会学術研究賞
平成21年7月 第46回化学関連支部合同九州大会 「繊維・高分子若手研究者賞」(同年12月受賞講演)
平成22年3月 第4回九州大学大学院生物資源環境科学府賞
平成22年6月 第1回ナノファイバー学会最優秀ポスター賞
平成22年8月 第12回日本木材学会九州支部黎明研究者賞(論文部門)
特許
日高満美、古賀大尚、北岡卓也、磯貝明 「セルロースナノファイバーおよび金属ナノ粒子を含む複合体、ならびにその製造方法」 特願2009-035184 (2009); PCT出願 PCT/JP2010/052117

丹野 有里子受託研究員北越紀州製紙㈱所属

自己紹介
現在社会人4年目で、会社ではインクジェット用紙の開発を行っています。
学生時代は「低温ストレスにより生じるイネ酸化タンパク質の解析」というテーマで、イネを扱った研究をしていました。
趣味は山登りと献血です。
研究テーマ
インクジェット用紙の酸化防止剤による黄変機構
Analysis of yellowing in inkjet paper due to antioxidants

長谷 政彦受託研究員大日本印刷㈱所属

自己紹介
受託研究員としてセルロースの勉強中。趣味はゴルフ、スノボー、バレーボール、 お酒、ドライブ、温泉、etc.
研究テーマ
TEMPO酸化によるセルロースナノファイバーの医療応用展開
Medical application of Cellulose nanofibers prepared by TEMPO-mediated oxidation
論文
Hase M, Yoshikawa K."Structural transition of actin filament in a cell-sized water droplet with a phospholipid membrane."J Chem Phys.124(10):104903(2006)
Hase M, Watanabe SN, Yoshikawa K."Rhythmic motion of a droplet under a dc electric field."Phys Rev E.74(4 Pt 2):046301-5(2006)
Hase M, Yamada A, Hamada T, Yoshikawa K."Transport of a cell-sized phospholipid micro-container across water/oil interface"Chem Phys Lett.426:441-444(2006)
Hase M, Yamada A, Hamada T, Baigl D, Yoshikawa K."Manipulation of cell-sized phospholipid-coated microdroplets and their use as biochemical microreactors."Langmuir. 23(2):348-52.(2007)

植松 武彦博士課程 3年花王㈱所属

自己紹介
修士課程修了後に就職した会社において、偶然にもセルロースに携わった産業で研究開発活動を行うようになった。そして、ひょんなことからこの研究室の存在を知り、入り浸るようになり、気が付いたら仕事をやりつつも博士後期課程の学生となっていた。自他共に認める実験ドランカーであるが、家庭に戻れば実は子供4人のパパなのである。しかしながら、博士後期課程の学生となってから今に至るまで休日は殆ど自宅に居らず、大学で実験に明け暮れている。そのため、妻には頭が上がらない。

詳しいプロフィールはこちら
研究テーマ
カルボキシル基を有するポリマーが導入されたセルロース高機能材料に関する研究
The Study of the Cellulose Functional Composite containing the Carboxylic polymers
論文
Uematsu, T., Matsui, Y., Kakiuchi, S., Isogai, A. “Cellulose wet wiper sheets prepared with cationic polymer and carboxymethyl cellulose using a papermaking technique”, Cellulose, 18 (4), 1129-1138 (2011)
Uematsu, T., Matsui, Y., Kakiuchi, S., Isogai, A. “Retention behavior of complexes formed by carboxymethyl cellulose and a cationic polymer in pulp sheets for wet wiper”, Nordic Pulp and Paper Research Journal, in press (2011)
Uematsu, T., Hirota, M., Matsui, Y., Kakiuchi, S., Saito, T., Isogai, A. "Influence of chemical structures of anionic polysaccharides on wet strength of cellulose sheets prepared by dual polymer system", Cellulose, to be submitted.
特許
Uematsu, T., and Isogai, A. Japan Patent 2010-14707 (2010)
Uematsu, T., Ikebata, H., Matsui, Y., and Isogai, A. Japan Patent, in press (2012)

栗田 侑典博士課程 3年学振特別研究員

自己紹介
絵とか自転車とか旅とかが好きです。
研究テーマ
キチン・キトサンの水系化学改質による機能化
Aqueous chemical modification and functionalization of chitin and chitosan
論文
Y. Kurita, and A. Isogai, Reductive N-alkylation of chitosan with acetone and levulinic acid in aqueous media, International Journal of Bilological Macromolecules, 47, 184-189, 2010, doi:10.1016
受賞
平成21年度第40回繊維学会夏季セミナー、ポスター賞
平成23年度繊維学会年次大会、ポスター賞
2nd EPNOE Inernational Polysaccharide Conference, 2011 Best Paper Prize

田村 直之博士課程 3年学振特別研究員

自己紹介
休日は、釣りに出かけたり、家で読書をしています。
研究テーマ
(1→3)-β-グルカンのTEMPO触媒酸化
TEMPO-mediated oxidation of (1→3)-β-glucans
論文
Naoyuki Tamura, Masahisa Wada, Akira Isogai, “TEMPO-mediated oxidation of (1→ 3)-β-D-glucans”, Carbohydrate Polymers 77 300-305 (2009), doi:10.1016/j.carbpol.2008.12.040
Naoyuki Tamura, Masayuki Hirota, Tsuguyuki Saito, Akira Isogai, “Oxidation of curdlan and other polysaccharides by 4-acetamide-TEMPO/NaClO/NaClO2 under acid conditions”, Carbohydrate Polymers 81 592-598 (2010), doi:10.1016/j.carbpol.2010.03.016
受賞
ポスター賞受賞 (第14回セルロース学会年次大会 2007)
特許
和田昌久、田村直之、磯貝 明 「可溶性多糖の製造方法」 特開2008-308650 公開日 2008年12月25日

蔵前 亮太修士課程 2年

自己紹介
朝型人間になりたい夜型人間です。
研究テーマ
高等植物由来多糖類のTEMPO触媒酸化
TEMPO-mediated oxidation of polysaccharides derived from higher plants

堂込 一智修士課程 2年

自己紹介
趣味は三国志とカラオケです。
研究テーマ
紙基板を用いた印刷エレクトロニクスに向けた基礎研究
Fundamental research for electronics printed on paper using ink-jet technology
外部資金
平成23年度印刷技術研究奨励金(2010年2月), 日本印刷学会

東嶋 健太修士課程 2年

自己紹介
楽しく紙の研究していきます。
研究テーマ
水害被災した紙文化財の生物劣化機構解析と塩水を用いた緊急保存法の開発
Seawater Effect on Preventing Flood-damaged Papers from Fungi Growth
論文
Higashijima K, Yamauchi T, “Frictional contact of coated paper and its surface chemical analysis.” Sen’I Gakkaishi, 67 (3), 72-75, 2011.
Higashijima, K., Hori, C., Igarashi, K., Enomae, T., Isogai, A., "First aid for flood-damaged paper using saltwater: The inhibiting effect of saltwater on mold growth", Studies in Conservation, 57(3), 164-171(2012) (表紙を飾る)
東嶋健太, 和田朋子, 五十嵐圭日子, 江前敏晴, 鮫島正浩, 磯貝明, "東日本大震災による津波被災紙中に存在する糸状菌の同定", 紙パ技協誌, 66(9), 57-74(2012)
外部資金
公益信託 吉田学記念文化財科学研究助成基金 平成22年度研究助成

池内 智康学部生 4年

自己紹介
趣味は勉強とアメフトです。
研究テーマ
ナノコンポジット(ポリスチレン/TEMPO酸化セルロースナノファイバー)の特性解析
Property analysis of nano-composite (PS/TEMPO-oxidized cellulose nanofiber)
Pagetop