English

東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 磯貝・江前・齋藤・竹内研究室

メンバー

教員

磯貝 明教授aisogai[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

略歴
1980 東京大学農学部卒業
1985 - 1986 米国Institute of Paper Chemistry, 化学科博士研究員
1986 - 1994 東京大学農学部助手
1989 - 1990 米国Forest Products Laboratory, USDA, Madison, Wisconsin, 客員研究員
1994 - 2003 東京大学農学部助教授
2003 - 東京大学 大学院農学生命科学研究科 教授
博士論文 非水系溶剤を用いたセルロースの誘導体化(1985)
趣味
自転車、絵画
研究業績
Akira Isogai, Tsuguyuki Saito and Hayaka Fukuzumi Nanoscale, 2011, 3, 71-85
その他はこちら
ホームページ
研究者情報     ・教員紹介

木村 実特任教授aminoruk[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

略歴
昔々、当研究室を卒業後、助手として採用されました。その後、大蔵省(当時)印刷局に転任し、新しいお札やパスポートの発行に携わりました。(独)国立印刷局理事を最後に退職し、現在は全国官報販売協同組合専務理事を務める傍ら、当研究室の特任教授をしています。
研究テーマ
パルプ繊維の角質化に関する基礎的研究
Fundamental Studies on Hornification of Pulp Fibers
紙の物性と収着水に関する研究
Studeis on Physical Properties of Paper affected by Adsorber Water
趣味
スポーツ(バレーボール、テニス、スキー、ウォーキングなど)、囲碁、読書(特に歴史もの)

齋藤 継之准教授asaitot[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

略歴
2003 東京大学農学部を卒業
2005-2006 フランスCERMAV留学
2008 東京大学大学院農学生命科学研究科,博士課程修了
2008 東京大学大学院工学系研究科,学振特別研究員
2009 東京大学大学院農学生命科学研究科,助教
2013 2013年より現職
自己紹介
娘が銀河系一かわいいともっぱらの評判。
研究テーマ
自己配列集積したTEMPO酸化セルロースナノフィブリルのバルク材料
Self-aligned integration of native cellulose nanofibrils towards producing diverse bulk materials
研究業績
T. Saito, T. Uematsu, S. Kimura, T. Enomae, A. Isogai, Self-aligned integration of native cellulose nanofibrils towards producing diverse bulk materials, Soft Matter 2011, 7, 8804-8809
その他はこちら
受賞
平成19年7月 国際ナノファイバーシンポジウム 最優秀ポスター賞
平成20年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科 研究科長賞
平成20年3月 東京大学 総長賞
平成22年10月 紙パルプ技術協会 第77回紙パルプ研究発表会 最優秀発表賞
平成22年10月 財団法人印刷朝陽会 印刷朝陽会賞
平成25年3月 日本木材学会 奨励賞

竹内 美由紀特任助教atakem[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

自己紹介
2歳児とSIMSに振り回されています。
研究テーマ
植物細胞壁形成過程の解明
Study of plant cell wall formation
著書
TAKEUCHI, M., TAKABE, K. and MINEYUKI, Y. (2010). Immunoelectron microscopy of cryofixed and freeze- substituted plant tissues. In Immuno-electron Microscopy: Methods and Protocols (Methods in Moleular Biology), eds. Schwartzbach, S. D. and Osafune, T., The Humana Press Inc., Totowa, NJ, pp155-165.
論文
TAKEUCHI, M., KARAHARA, I. and MINEYUKI, Y. (2009). Microtubule-microfilament interaction in the preprophase band formation, 大阪大学超高圧電子顕微鏡センター年報, 38, pp40-4.
BABA, K., PARK, Y. W., KAKU T., KAIDA R., TAKEUCHI, M., YOSHIDA M., HOSOO, Y., OJIO, Y, OKUYAMA, T., TANIGUCHI, T., OMIYA, Y., KONDO, T., SHANI, Z., SHOSEYOV, S., AWANO, T., SERADA, S., NORIOKA, N., NORIOKA, S. and HAYASHI, T. (2009) Xyloglucan for generating tensile stress to bend tree stem, Molecular Plant, 2, pp893-903.
TAKEUCHI, M., TAKABE, K., and FUJITA, M. (2005). Immunolocalization of a Peroxidase Isozyme in Differentiating Poplar Xylem. Journal of Wood Science. 51, 317-322.
TAKAHATA, K., TAKEUCHI, M., FUJITA, M., AZUMA, J., KAMADA, H., and SATO, F. (2004). Isolation of Putative Glycoprotein Gene from Early Somatic Embryo of Carrot and its Possible Involvement in Somatic Embryo Development. Plant Cell Physiology, 45, 1658-1668.
TAKEUCHI, M., TAKABE, K., and FUJITA, M. (2001). Immunolocalization of O-methyltransferase and Peroxidase in Differentiating Xylem of Poplar, Holzforshung, 55, 146-150.
TAKABE, K., TAKEUCHI, M., SATO, T., ITO, M. and FUJITA, M. (2001). Immunocytochemical Localization of Enzymes Involved in Lignification of the Cell Wall, Journal of Plant Research. 144, 509-515.
Pagetop